As a Mistress, I sometimes become my sub’s chastity keyholder.

As you can see in my shop, you can have this privilege, too. But, above all, you can enjoy exclusive femdom content about chastity keyholder and orgasm control in many of my authentic clips. Don’t miss them, they are worth your time 😉

A チェストキーホルダー とは、他人の貞操ケージの鍵を安全に保持する責任者のことです。通常、この人がドMの場合は、ネックレスやアンクレットに鍵をつけています。貞操の鍵の持ち主は、ロックされた人のオーガズムをコントロールする力を持っています。ワクワクしませんか?

 

貞操観念のキーホルダーとは?

まず最初に、貞操とオーガズムコントロールに「特化した」ドメやミストレスがいることをお伝えしたいと思います。彼女たちはもちろん、この分野での経験が豊富で、さまざまな奴隷の貞操キーホルダーになることができます。

あなたは "遠隔 "貞操キーホルダーになることができます。つまり、あなたは必ずしも奴隷に会う必要はなく、オンラインで行うことができるのです。重要なのは、奴隷が行動を起こし、愛人に写真を送ることです。例えば、あなたは奴隷を訓練し、貞操とオーガズムをコントロールする方法を教えることができます。

2ae85dcc9d7fbaa8334308b7063b01be chastity keyholder
ソースPinterest

貞操の期間は、愛人の要望に応じて変化します。数時間だったり、数日だったり、数ヶ月だったり、あるいは数年だったりします。もちろん、それは簡単なことではありません。についての私の記事を読んでみてください。 サブミッシブでオーガズムコントロール この練習についての明確なアイデアを持っています。

 

貞操観念のキーホルダーの話【例

彼女は朝遅く、落ち着いて目を覚ます。すでに目が覚めていて、服従の姿勢をとり、貞操の檻がよく見えている。彼女が目を開けると、その顔は嫌な表情に変わる。ピンクのプラスチック製のケージが彼のコックを囲んでいるからだろう。彼女は「その鍵はここにあるわ、私のネックレスにね」と言う。でもね、それをあなたに渡したら面白くないでしょう?

彼女は2人が丸3ヶ月付き合っていることを知っています。しかし、昨夜、彼が彼女とセックスするためにケージからコックを引き抜こうとしたとき、彼女は少しがっかりした。彼女は、「あんな小さなものは二度と私に近づかないだろう。だからこそ、貞操の檻の中で出てこない姿を見るのが好きなのよ」。

彼は初めての貞操体験で、今まで貞操キーホルダーを手にしたことがありません。当初、彼はそれに直面するのは簡単ではないと思っていましたが、彼は成功することを決意しました。檻の中にペニスを閉じ込められるという状況は、彼にとって興奮の源なのです。結果として、彼のドメが貞操キーを官能的な方法で保持しているという事実は、さらに刺激的なものとなります。

彼女は自分がコントロールするのが好きで、サブミッシブが性的満足を得られるかどうかを決めるのが好きなのです。つまり、彼女は彼をこの「拷問」から解放する力を持っているのです。彼女の支配的な性格のおかげで、本当の愛人のように振る舞うことができ、そこから喜びを得ることができるのですが、自分の持つ力を乱用することはありません。そして、ケーキの上のアイシングは、確立された境界線の中で彼を心理的に陵辱することによって、用量を増やすことです(すべてのBDSM関係において、最初に合意を取り、議論する必要があります)。もちろん、屈辱、苦痛、懲罰などだけではありません。

貞操観念のキーホルダーとして、ルールを破らずに貞操を守れるようにサブミッシブを訓練する役割を担っています。

243134fafdfd1cba9f8d9757842a8c38
ソースPinterest

この鍵が欲しいんでしょう?そうでしょう?あなたはそれを手に入れることはできないわ。おまけに私は今夜、彼氏とクラブに行くことになっている。あなたはここに座って、私のアパートを掃除して、私が家に帰るときにすべてが完璧になるようにしてちょうだい」。

彼は彼女に服従し、満足させたいので、この条件を受け入れ、受けた命令をすべて実行します。この、ピンクの貞操の檻を常に身につけています。彼は彼女を愛しているからこそ、身を委ねて彼女にすべての尊厳を与えるのです。彼女も彼を愛していますが、それは別の種類の愛です。彼は自分が報われることを知っています。

 

Tips for a chastity keyholder

あなたが望むようにあなたの関係を設定することは自由ですが、念のため、あなたがこの練習に慣れていない場合は、以下のヒントを見つけることができます。

 

ヒント1:ルールを決めるのはあなた

二人とも初めての場合は、何かを始める前に話し合っておくことをお勧めします。自分の目的を相手と話し合い、相手の要望も聞いてみましょう。コミュニケーションはとても重要で、二人の雰囲気や態度を整えるのに役立ちます。双方の意見が一致したら、ルールを決めましょう。

 

ヒント2:安全な言葉を設定する

すべてのBDSM契約において、進行中の行為を中断するための「セーフワード」を定義することを強く推奨します。安全な言葉には非常に重要な役割があり、それを尊重することが義務づけられています。

 

ヒント3:ルールや決定事項をしっかりと伝える

慣れないうちは、柔軟に対応しすぎてしまうことがあります。例えば、パートナーがオーガズムを求めているのに申し訳ないと思って、彼を解放してしまう。これは大きな間違いです。もし、彼をロックしておくと決めたら、例外なくそれを実行してください。彼は、あなたが自分のためにそうしていることを知っています。

 

ヒント4:貞操観念の心理的影響について読む

人はそれぞれ違うので、これは個人差があります。あなたは この記事をQuoraで読む を見ると、より明確なイメージを持つことができます。を楽しむこともできます。 貞操観念のプレイストーリー!

 

結論

In conclusion, the notion that a chastity keyholder possesses total control over her partner sexuality underscores the complex dynamics within relationships. While it is essential to recognize the power and roles of both individuals, acknowledging the potential for influence and responsibility is not equally crucial. Striving for a balanced power dynamic entails a chastity keyholder commitment to her submissive respect, open communication, and 100% decision-making.

The idea that a woman has control over her sub’s orgasm should be interpreted as a one-sided dominance, or as a nuanced interplay of emotions, trust, and femdom responsibilities. True empowerment lies in the ability to navigate the delicate balance between asserting one’s needs and recognizing the inherent responsibilities that come with influence.

In the pursuit of such dynamics, a chastity keyholder plays an active role in fostering a healthy and thriving relationship. Open dialogue, empathy, and a willingness to her total responsibilities contribute to the strength of a Mistress. Ultimately, embracing the challenges and responsibilities that accompany influence within a relationship fosters an environment where both individuals can grow, learn, and contribute to the shared journey of building a lasting femdom connection.