Welcome to the vibrant world of my Femdom videos, where the rhythm of this lifestyle is set to the beat of pulsating arousal and the energy of endless power. I will be your guide to the exhilarating realm of a Femdom party and nightlife in general.

In each video, I invite you to join me on a journey through the kaleidoscope of lights, domination, and the unmistakable buzz of excitement that defines the World of Femdom.

From chic hotels to the underground beats of hidden gems, my lens captures the essence of a little Femdom party experience. But it’s not just about female domination; it’s about the stories, the connections, and the electrifying ambiance that brings Mistresses and subs together.

Whether you’re a Femdom party enthusiast or a curious newbie, my videos promise to be a source of inspiration, offering a front-row seat to the hottest events and trendiest scenes.

Get ready to immerse yourself in a Femdom world where every day and night are opportunities to create unforgettable memories.

あなたは、フェムドムパーティーに参加したことがありますか?もしそうなら、同じような状況を経験したことがあるでしょう。そうでない方は、この記事をよく読んで、何が起こるかを知っておいてください。

 

フェムドムパーティー

ほぼ毎月、大きな都市で。 BDSMが好きな人たちが集まって、フェムドムパーティーをする。. It’s usually held at a normal restaurant. There, people are friendly and they aren’t going there to bit you. But keep in mind that BDSM attracts some sketchy characters. They are usually only a small percentage of the people in any group, but they do happen to be there.

問題を回避する一番の方法は、しばらくの間、自分のフェチを忘れて ただ、友達を作るために、親切で、フレンドリーで、役に立つこと。. This is one of the main objectives of a femdom party.

You can just walk up to people and introduce yourself. That’s what these parties offer, you don’t have to be best friends with everyone, but the more people you know, the more you’ll learn about the people in your scene. 少しの辛抱が必要ですが、すぐに誰と遊びたいか、誰の面倒を見たいかが分かるようになります。

They’ve probably already been in the scene for a while and can tell you who’s cool and who to avoid. This approach does take time and patience but believe me, it’s worth it. At a femdom party you’ll meet some really nice people and, who knows? は、あなたの夢のドマやサブを見つけることができるかもしれません。

MistressKym セックスパーティーS
ソースローリング・ストーンズ

 

あるサブの物語

"私は、素晴らしいプレイパートナーを見つけたサブミッシブです。 彼女は私のドムであり、私は彼女のサブミッシブである。.これは少し前にあった体験ですが、とても楽しかったです。フェムドムのパーティーにはいくつかのルールがあります。その 男性の服従者は、自分が服従者であることを示す服装をしなければなりません。.それはパンティのことでもあり、ランジェリーのことでもあり、文字通り何もないということでもあります。はい、その通りです。フェムドムパーティーの夜はずっと裸で過ごしていたのですが、部屋には服や女性、下着をつけている他の男性サブたちがいっぱいいて、私だけが裸でした。私は裸でいることが好きなので、これは普通に楽しいことです。しかし 普段、自分の裸を見ない人に裸を見られるのは、ちょっと恥ずかしいこともありますが.私はそれを楽しんでいると言っても過言ではありません。

私のドメはロープで遊ぶのが好きで、私が裸になった後に最初にしたことは、もちろん私を縛ることでした。彼女は youtubeで booty basket と呼ばれるものがあります。.基本的には腰に装着するハーネスですが、信じられないことに、そのロープは親密な場所にも行きました。 ハーネスで縛られるのが好きとか、体に縄を巻いたときの締め付け感とか、縄の肌へのアピール感がたまりません。そしてもちろん、パーティーでみんなに見せびらかされることにも耐えなければなりませんでした。遊ぶ前に脱がなければならない。このようなハーネスを外すのは、装着するのと同じくらい大変なことです。しかし、数分後には私は裸になり、肌には色あせたロープの跡しか残っていませんでした。

その夜、ある女性と遊ぶ約束をしていました。彼女は以前に一度遊んだことのある人で、とても楽しい時間を過ごすことができました。私は四つん這いになって、彼女の手で何度もお仕置きされました。とても楽しい時間を過ごすことができました。

Femdom spanking sub mistresskym S femdom party
ソースPinterest

予想していなかったのは、そこにもう一人の女性がいたことだ。彼女は友人でした。私たちはいつも仲良くしていましたが、それ以上ではありませんでした。彼女の前で裸になるのは少し恥ずかしかったが、言ったように、私は少しの恥ずかしさを楽しんでいる。あまり厳しいものではありません。ただ、そういうちょっとしたことが私には楽しいのです。私たちには シーンの前にちょっとした交渉を 始まった.これは、これまで一緒にプレイしたことのない人たちと一緒にプレイするときには、常に良いアイデアです。私たちはただ 自分の好きなもの、嫌いなものを話して、どこまでなら大丈夫なのか、安全な言葉を選ぶ。 一応、私は赤、黄、緑が好きです。黄色があれば、シーンを止めずに、必要に応じてスローモーションにすることができるからです。こういったことを事前に話し合って、何がメニューになっているのかを皆に知ってもらうのが良いと思います。

交渉がまとまったところで のある部屋に入りました。 大きな木製のX.お尻を上に向けて十字架に乗り、体を温めるように言われました。

サブ・オン・セント・アンドリュー・クロス Mistress Kym S
ソースBustle

私のドムは私の後ろにつき、私の裸体を手で上下に動かした。神経を活性化させるためのものだ。そして、彼女は私のお尻をしごいてから、手を添えてくれました。スパンキングです。たった数回のしっかりとしたスクワットでしたが、血の巡りを良くしてくれました。彼女は再び私のお尻をつかみ、指を私の頬の間に滑り込ませて、お尻の穴のすぐ近くまでブラシをかけました。 それは、とても楽しいものでした。.彼女は私がアナル好きなことを知っていて、私のお尻を彼女のものにしています。いつでも彼女はそれを望んでいます。

彼女は私の無力なお尻をいじった後、いくつかのおもちゃで私を叩きました。最初のものは軽いものだったようです。2つ目のおもちゃでは、かなり激しくお尻を叩かれました。この時点で、私の心臓はドキドキしていて、ペニスも硬くなっていました。

ふと肩越しに見てみると、女性たちが仲良く話している。暫くして 私のドムは私と十字架の間に挟まれました。.彼女が私の乳首を強くつまんだとき、私は後ろから2組の手を感じました。後ろで何が起こっているのか、ちょっとわかりませんでした。私のドメはとても積極的になっていましたが、彼女は私の後ろで私のペニスを撫でながら、汚い話を始めていました...。

彼女たちは何かおもちゃを手に入れたようでした。私は、彼女たちが使っているのがパドルなのかどうかわかりませんでしたが、彼女たちは私のお尻の上で作業をしていたので、何も見えませんでした。

私のドMは、私をギリギリまで引き上げてくれました。そして 彼女は私に「来ないか?私はどうしようもなく、ささやきました。はい、したいです。 そして、彼女は私にもっとおねだりするように命じました。私はオーガズムを求めて懇願し、彼女は私の硬いペニスを軽くいじりました。

一方、私の後ろでは、女の子たちが交代で私に何度も何度も激しいお仕置きをしました。次から次へとお仕置きされる。からかいとおねだりは、お仕置きと同じように続きました。最終的に、私のドマは、私が誠実そうに見えたが、夜になって家に一人で帰ってくるまで待って欲しいと言った。その時になって初めて、オナニーをしてもいいと言われました。私は泣き叫びながらも同意しました。

それはあなたにとって残酷に聞こえるかもしれません。 しかし、それは、私がフェムドムパーティーの残りの時間を高い興奮状態で過ごすことを意味し、後でイッたときには、その夜に私たちがしたことをよく考えていました。だから、ご想像のとおり、私は次のパーティーをとても楽しみにしています」。

 

結論

Step into the kaleidoscopic world of a Femdom party, where the benefits transcend the surface glitter and resonate in the hearts of those Mistresses and subs who dare to immerse themselves. These events are not merely gatherings; they are transformative experiences that leave an indelible mark on the soul.

Beyond the vibrant BDSM costumes and thematic décor lies a playground for self-expression, where inhibitions dissolve, and creativity takes center stage. At a Femdom party, Mistresses and subs find a sanctuary where the ordinary transforms into the extraordinary, and conformity makes way for the celebration of individuality.

The positive impact of Femdom parties extends far beyond the night’s festivities. They become catalysts for self-discovery, providing an avenue for newbie and experts to explore facets of themselves they might not encounter in their day-to-day lives.

A Femdom party is not escapism; it is a portal to a realm where imagination reigns and the spirit is set free.

So, as you consider your next adventure, ponder the richness that awaits in the world of Femdom party. Embrace the unexpected, revel in the magic, and let the transformative power of celebration leave you forever changed.

In this captivating BDSM journey, every Femdom party becomes a chapter in the book of your life, a story worth telling, and an invitation to discover the extraordinary within the ordinary.

 

BDSM/フェムドムの話については、私の投稿「」にもう少し詳しく書いてあります。複数のパートナーが登場するBDSMストーリー“.